団塊世代の奮闘記

アクセスカウンタ

zoom RSS IP電話の弱点

<<   作成日時 : 2017/06/06 22:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

普通のアナログ電話は電話回線が繋がってれば停電になっても基地局から通電されるので災害時などの非常時に電話が使えます。が、昨今急速に普及してるIP電話(ひかり電話)はインターネット回線を介して通話してるので停電になると「安否確認電話」「110番や119番の緊急電話」などすべて通話ができません。って知ってましたか?

そう言えば何年か前にIP電話が原因で孤立世帯の安否確認できず 停電対策として現実的なのか?と問われる事件が起こったのを知ってますか?

調べたら2014年12月の事でした。
強い冬型の気圧配置の影響で、大雪に見舞われた徳島県西部では12月5日、外部と行き来できない孤立状態となる地域が出た。
自治体は安否確認を急いでいるが、県が光ファイバー網の整備を進め、世帯のほぼすべての家庭の電話がIP電話となっている「つるぎ町」と「東みよし町」は、安否確認できない状況になったという。NHKニュースでした。

画像


IP電話はインターネット回線を使って通話ができるサービスで毎月の電話料金が安くなることなどが注目されサービスが広がっており、2013年度末(2014年3月)時点では、IP電話の契約者が、固定電話の契約者数を上回った。

NTTは2025年までに、加入電話網を全てIP電話に移行する計画としており、今後、IP電話の加入者はさらに増加するとみられるが、災害時など緊急を要する場合に役に立たない電話と成りかねない。

私も光回線で、今流行の無線ランシステム「Wi-Fi」を構築し、ひかり電話も契約していますが、停電になってもアナログみたいに緊急時に電話だけでも使いたいですね?


画像


携帯があるじゃないかぁ〜って言いたいでしょうが、携帯だって基地局のバックアップ電源(バッテリー)が1〜2日で切れるそうです。

携帯電話から電波を送っても基地局の電源が無ければ意味ないですよね?










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハッピーメールバナー
IP電話の弱点 団塊世代の奮闘記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる